2007年11月02日

リバウンドとその原因【其の一】

皆さん御存知のとおり、

リバウンドとは、ダイエットをやめた後に、

体重がダイエット前、もしくはそれ以上に増えてしまう現象のことです。


ダイエット経験者のうち、

実に60%以上もの人がリバウンドしていると言われています。


繰り返していると、体重が増えるだけでなく、

「太りやすく痩せにくい」体質になってしまう、この“リバウンド”。



せっかく痩せても、リバウンドが怖い……(泣)



でも!そのメカニズムを知っていれば、

リバウンドが起こるのを防ぐことは可能です。



さて、リバウンドが起こる原因として、

2つの事が挙げられます。


まず一つ目の原因は、

私たちの身体に備わっている「ホメオスタシス」という機能にあります。


食事制限によるダイエット経験のある方なら、

おそらく身に覚えのある事ではないかと思いますが、

最初は順調に体重が減っていくのですが、

ある時期になると、なかなか体重が減らなくなります。


いわゆる“停滞期”です。

これは、長ければ1ヶ月以上続く場合もあります。


成果の見えない努力を続けるのは苦しいですよね(>_<)

でも、ここで諦めたらリバウンド街道まっしぐらです(恐)


この“停滞期”の原因も、

実は先ほどの「ホメオスタシス」という機能にあるんです。


ホメオスタシスは、恒常性(こうじょうせい)とも言い、

身体の状態を一定に保とうとする生命維持機能であり、

なくてはならない重要な機能のひとつです。


食事制限をすると、当然それまでより摂取するエネルギーが減少します。

そうすると、私たちの身体はそれを“不足状態”と認識し、

それが続くと、ホメオスタシスが働きはじめます。


ホメオスタシスは、

少量のエネルギーしか入ってこなくても身体を維持できるように、

生きるために必要なエネルギー消費、つまり基礎代謝を低下させます。


すると、食事制限を続けていても、

消費エネルギー量も減っているため、

なかなか体重が減らなくなってしまいます。


「食事制限した状態でも身体を維持できる」と身体が認識すると、

基礎代謝は元に戻るのですが、それまでには約1ヶ月かかります。


これが、“停滞期”です。


この停滞期中にダイエットを中断しても、

ホメオスタシスは機能し続けます。


つまり、

「ダイエット前よりも少ないエネルギーしか消費しない身体」

に、なっているワケです。


「ダイエット前よりも太りやすい身体」とも言えます。


ですから、食事量をダイエット前と同じに戻したとしても、

消費エネルギー量がその時よりも減少しているため、

ダイエット前より余分なエネルギーが蓄積されやすくなってしまい、

その結果、「リバウンド」が起きてしまうのです。




これが、リバウンドの原因の一つ目です。

「リバウンド」の実体が少しでも見えてきたでしょうか?


次回は、二つ目の原因を見ていきましょう。
posted by らん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

水分【何飲む???】

さて、前回までに、

【むくみの真実と必要摂取量】

【摂り方とタイミング】

と、水分摂取について見てきましたが、

同じ飲むなら、より効果的なものを飲みたいですよね。



では、何を飲めば良いか?



基本的には “水” がベストです。


それも、冷え性等でなければ、

基本的には、ダイエットには冷水が理想的です。


冷水を取り込むことによって体温が下がると、

私たちの身体は、体温を維持しようとエネルギーを消費するため、

代謝が促進されるからです。


しかし、冷え性等で、

もともと体温を維持する力が不足しているところに、

さらに冷たい水をたくさん摂取してしまうと、

冷え性の悪化、代謝の低下を招いてしまいます。


また、冷え性でなくても、

活動量の少なくなる夜などは、代謝も下がっているので、

そのような場合も冷たい水は控えた方が良いでしょう。


無理して冷水を飲む必要はありません。

結果として代謝が落ちてしまったりしては元も子もないですからね。



温度よりも気にして欲しいのは、その“質”です。



第1回のときにも書きましたが、

人間の体は、60%以上が水分です。

その“水”の質が良くなれば、

体質改善効果もとても高くなるんです。


摂取した水分を効果的に体内に吸収させるための量やタイミングを、

第2回でお伝えしましたが、

その吸収率は、水の質にも左右されます。


水の分子(クラスター)が小さいモノほど、

体内への吸収率は高くなり、その排泄もスムーズです。


言うまでもないかもしれませんが、水道水はオススメしません。


水道水は分子が大きいだけでなく、

塩素やトリハロメタン等の余分なものも含まれています。


やはりそれよりは、分子が小さく、

循環の良いミネラルウォーターをオススメします。


体内の水分の循環が円滑になると、

細胞内の水分の鮮度向上による細胞の老化予防や、

脂肪燃焼の効率アップ、セルライトの防止と、

色々な嬉しい効果が期待できます。


今や、コンビニやスーパーでも、

様々なミネラルウォーターが売られていますが、

美容や健康に関心のある人は、

やはりお水にもこだわりを持っています。


一言で「水」と言っても、実に様々な種類があり、

その味や成分も様々です。


いろいろと試してみて、

自分にあったお水を探してみましょう!


それに、どうせ飲むなら美味しい方がいいですもんね♪


ダイエットは楽しんだモン勝ちですよ(*^ω^*)
posted by らん at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

水分【摂り方とタイミング】

さて、前回の【むくみの真実と必要摂取量】で、

あなたの身体に必要な1日の水分摂取量がわかったワケですが、

どうせ飲むなら少しでも効果的な飲み方をしたいですよね。


例えば1日の必要摂取量が2リットルだとして、

「飲めばいいんだろう」とばかりに一気に2リットル飲んでも、

さすがにそんなに一度に胃が吸収することは出来ません。



胃が一度に吸収できる水分の量は、大体200〜250ml、

1時間あたりで800ml程度だそうです。



なので、吸収率を高めるには、

大体200ml、コップ1杯分くらいのお水を、

こまめに飲んだ方がイイってことですね。




で、気になるタイミングは……




まず、是非習慣化して欲しいのが“朝起きた時”。


よく冷えたお水を飲むと、その刺激が腸の運動を活発化して

便秘予防にも効果を発揮してくれます。



次は“食前”。


食事前の空腹感をやわらげてくれるとともに、

胃を満たして満腹感を得やすくしてくれます。


また、食事中にもこまめに水分を取るようにし、

食べすぎを防止しましょう。



その他、運動や入浴のように、

あらかじめ汗をかくのがわかっているような時は、

必ず先に水分を摂取することを習慣づけて下さい。


「のどが渇いた」と感じた時は、

すでに体は脱水症状に陥っています。


運動や入浴中は、30分ごとを目安に、

渇きを感じる前に、こまめに水分を摂取するよう心がけましょう。



そして、最後は“寝る前”です。


寝る前に水分を取るとむくむと思っていませんか?


前回も触れましたが、「むくみ」の原因は水分ではなく塩分です。

むくみや脂肪にとって、水分不足はむしろ逆効果


人間は、睡眠中も汗をかきます。

水分不足になると、血液がドロドロになってしまい、

脂肪を燃焼しにくくなってしまいます。


睡眠中は水分不足になりやすいので、

寝る前の水分摂取を習慣づけましょう。




以上のタイミングは、最低限習慣づけるようにし、

それ以外の時でも、こまめに水分を摂取するようにしましょう。

水分不足はダイエットの大敵です!



さて、水分水分と繰り返してきましたが、

じゃあ、具体的には何を飲みますか?



ということで、次回は【何飲む???】です。
posted by らん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

水分【むくみの真実と必要摂取量】

ダイエットに欠かせないのが“水”です。
と言うか、ダイエットに限らず、人間の身体にとって、
水分はとても大事なものですよね。
なんせ、人間の身体の60%以上は水分で出来てるんですから。

水分を抜くと、確かに減量は出来るようですが、
でも、それって実はとても危険な方法なんです。

まだ記憶に新しいところですが、
西城秀樹さんが脳梗塞で倒れたことがありましたよね。
あれも、水分を補給せずに減量を行い、
身体が慢性的な脱水症状に陥ってしまったのが原因だったそうです。

身体に水分が足りなくなると、血液がどろどろになり、
血管が詰まりやすくなってしまい、
脳卒中を引き起こす要因になってしまいます。

また、水分を摂るとむくむっていうのもよく聞きますが、
あれも実は間違いなんだって知ってました?

むくみの原因は、実は水分ではなくて塩分なんです。

だから、水分だけを摂取する分には、本当はむくまないんです。
なので、むくみを防止するために要注意なのは水分ではなくて塩分なんですね。

塩分も摂取してしまったときは、カリウムの入った水を飲むと、
塩分調節をしてくれる効果があるらしいですよ♪

ちなみに、カリウム入りのミネラルウォーターで
『温泉水99』という鹿児島県のお水がありますが、
タレントのSHEILA(シェイラ)さんも愛飲されているそうで、
先日フジテレビ系の番組でも紹介されてました。
しかも飲むだけでなく美顔器にも使用しているとのことで、
放送後から注文が殺到しているそうです。
テレビのチカラはやっぱり凄いですね(^ω^;)
でも、この『温泉水99』というお水、
水の粒子が細かいので、
本当に普通の水とは浸透率が格段に違うそうです。

と、つい話がそれてしまいましたが、
とにかく、私たちの身体に水分の補給は欠かせないってコトですね。

さて、その水分ですが、1日の摂取目安量は2〜3リットル。
活動量の少ない女性であれば2リットル、
活動量の多い男性だと3リットルが目安だそうです。
また、夏場は発汗量も増えるので、
300〜500mlくらい多く摂取した方が良いようです。

ちゃんと必要摂取量を計算したい場合は、
体脂肪率がわかれば、『(体重−脂肪量)×50cc』

例えば、体重が56kg、体脂肪率が23%の場合だと、
脂肪量は、
 56kg×0.23=12.88kg なので、
必要摂取量は、
 (56kg−12.88kg)×50cc=2156cc となります。

体脂肪率がわからない場合は『体重×40cc』で計算すると、
大体の近似値が出るので、それを参考にしましょう。

さぁ、これであなたの身体が、
1日でどれだけの量の水分を必要としているかわかりましたね?

でも、ここで注意しなければならないのは、
その水分の摂り方とタイミングです。
ということで、次回は【摂り方とタイミング】です(*^∀^*)
posted by らん at 13:55| Comment(10) | TrackBack(1) | ダイエットのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。